井上あさひ~京都局に異動した理由!?女子アナ内部派閥争い?大御所はあの女子アナ?

,

井上あさひ06

昨年暮れ、オリコン主催の好きな女性アナウンサー

ランキングで8位にランクインした井上あさひ(33)。

3位に入賞した有働由美子(46)に続くNHKからのベスト10入りで、

同局の夜の看板である『ニュースウォッチ9』のキャスターとしての

貫禄を感じさせてくれたわけだが、周知のとおり、なぜか

今年3月で同番組を降板。

現在は東京を離れ、NHK京都放送局で勤務中だ。

とにかく今回の異動にはいろいろな憶測がありました

(ファンからも?)そんな事で不思議だったんですが?

なんとなく情報が聞こえ始めました

sponsored link

井上あさひ02

井上あさひアナ 京都ニュース845
京都の井上あさひアナです。元気そうですね。

京都ニュース845

4月からは『ニュース630京いちにち』にキャスターとして出演。

抜群の知名度で京都府民から絶大な支持を獲得しているようだが、

いったい、彼女を巡って局内ではなにがあったのか?

「結婚ですね。以前から彼女には関西方面に遠距離恋愛している彼氏が

いるらしいという噂があり、京都異動は彼女のかねてからの希望だったと

いう話もあるんです。また、東北の震災直後から務めることになった

『ニュースウォッチ9』のキャスター業は我々の想像を絶するほどの激務と

言われ、落ち着いた環境で公私を充実させたいという気持ちが以前から

彼女の中に強くあったとも伝えられています」(週刊誌記者)

有働由美子3

貫禄の有働由美子アナが一枚噛んでいるみたいな雰囲気ですが?

「最も有力なのは、女性アナウンサー間の派閥抗争に敗れたという説です。

同局の名実のトップと言えば、朝の看板番組の『あさイチ!』や『紅白』の

司会でお馴染みの有働由美子ですが、有働の後継を巡って、局内が井上派と

朝のニュースでお馴染みの和久田麻由子派に二分。ただ、有働としては当分

看板の座を譲る気はないようで、急進的な代替わりを望む井上派が失墜、

有働派としては、下剋上の心配が当面ないと言われる和久田陣営を
囲い込んだ結果の人事異動だったと言われています」(同氏)

不動由美子

 

入局後最初はスポーツを担当。入局4年目から担当した

sponsored link

『NHKニュースおはよう日本』が東京での最初の仕事となる。

以後、オリンピックの中継・『NHKニュース10』・『あさイチ』などで、

キャスターの大役を任されることが多い。日本人選手の敗退や、

凄惨な事件には泣くこともあった。阪神・淡路大震災の際は、被災者の

インタビューで、関西弁や関西イントネーションで話をする様子が

全国に映し出された。

有働由美子2

和久田麻由子アナ効果か NHK「おはよう日本」視聴率が絶好調 …
NHK内部から「してやったり」の声が聞こえてきそうだ。
4月から鈴木奈穂子(33)に代えて和久田麻由子(26)を
キャスターに迎えた「おはよう日本」の視聴率が絶好調なのだ。

和久田麻由子1
「“和久田効果”と言っていいでしょうね。前任者の鈴木も女子アナ好感度と
しては決して低い方ではありませんが、どちらかというと優等生タイプ。
それに対して、和久田はズッコケ・タイプというか癒やし系。平日の朝は“
しかつめらしい顔”より“さわやか笑顔”ということでしょうか」(テレビ関係者)


和久田麻由子(NHKナンバーワン美人)アナ「おはよう日本」
抜擢にやっかみの声が・・・

入局4年目の異例の早さで東京アナウンス室に異動となり、おはよう日本の
メインキャスターに抜擢される。大学在学中は男子ラクロス部にて
マネージャー兼トレーナーを担当していた

 そんな中、絶対女王に君臨するのが有働由美子アナ(46)だ。

「長年のライバルと目されていた青山祐子アナ(42)が結婚、第一子の育休中に
第二子も出産し、長期離脱している間に有働アナが存在感をますます増している。
天性の人たらしで、下ネタやオヤジネタでもすべて対応するから幹部たちからの
ウケも抜群。籾井会長にも気に入られていると聞く。

有働由美子1

反籾井(勝人)会長派と見られた末の事実上の更迭人事だったと
いわれる大越健介キャスター降板の煽りを食ったという説もあるが、
それぐらいのことで人気アナを飛ばすのはもったいない。
1~2年の充電期間を経て、すぐに東京に戻るといわれています」(NHK局員)

天下のNHKも鶴の一声で人事をされたら政治がらみと言われていたのが
何か本当のようなきがしますね~引き継いたアナも本心の発言をしていない
ようにみえるのは私だけでしょうか?

sponsored link

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ