食中毒!危険~陳列場所の冷凍ケース確認?!冷蔵ケース温度管理?!

とんとん亭1

食中毒で中3女子が死亡の北海道栗山町焼肉店「とんとん亭」の陳列が酷い
同店で食事をした男女14人中5人からカンピロバクター菌が検出

焼き肉・回転すし・子供達と家族で行く機会が多いですよね~

知っておかなければならない焼き肉の食べ方と言うか焼きかた

なんでも一緒に焼き網に乗せない特に内蔵は別に焼く~

焼き網は何度も変える~レアなんてカッコつけて食べない

sponsored link


3月中旬に北海道栗山町の焼肉店「とんとん亭」で発生した

集団食中毒で、入院していた14歳の女子中学生が4月1日に

死亡していたことがわかった~本当につらいことですね。

バイキングスタイルの焼き肉は田舎の方におおいですから

保健所も甘い見方をしてしまうのですかね?

とんとん亭2
この陳列は冷凍ケースでしょうか?

とんとん亭4

肉もデザートも同じ場所?冷蔵庫ケース?

とんとん亭3
肉入れてるバットの下に敷いているのは薄い人工芝?冷凍ケース?

とんとん亭5
バイキングですからこんな感じで皿でもって来ますね

とんとん亭6

内蔵肉も魚貝類も入れますね~これ危険な方法?

とんとん亭7
焼くときはなんでも一緒に乗せますよね(普通は)

内蔵が一番ヤバイです半生は絶対駄目ですよ~牛肉だって

本当に疑問です!肉そのものではなく、取り扱い方が一番と

肉の保存と鮮度と冷蔵庫等々問題があります~特に

sponsored link

食べ放題&飲み放題~~本当に信頼して食べなければ危険です

食中毒(しょくちゅうどく)とは、有害・有毒な微生物や化学物質等毒素を含む
飲食物を人が口から摂取した結果として起こる下痢や嘔吐や発熱などの
疾病(中毒)の総称である。食中毒の直接の原因は、飲食物などに含まれていた
有害・有毒な原因物質を摂取することによるが、その原因物質が直接に毒物として
作用する場合と、原因物質が微生物であり、その増殖によって感染症を発症する
場合に分けられる。食中毒には数多くの原因菌などがある。2006年度は、
患者数別では、ノロウイルス、カンピロバクター、サルモネラ属菌の順であり、
この3種が8割を占めた。細菌による食中毒を予防する三大原則といわれているのは、
付けない(清潔)、増やさない(迅速、冷却、乾燥)、殺す(加熱など)である。

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E4%B8%AD%E6%AF%92

カンピロバクター症(カンピロバクターしょう、英: campylobacteriosis)とは、
カンピロバクター属菌の感染を原因とするヒトおよび家畜の感染症。

wiki

 

同店はバイキング形式の焼肉店。「食べログ」の同店のページには、

陳列されている焼く前の生肉とサラダの写真が掲載。

その写真を見ると、サラダが置かれているその上の棚に生肉が陳列されており

生肉を取ろうとすると下のサラダの中に、肉汁が落ちてしまう可能性も考えられる。

また、肉とサラダで別々のトングが置かれているが、取り替えるのが面倒くさくて、

同じトングを使ってしまう客がいてもおかしくはなさそうな状況だ。

ネット上でも「トングの使い回しもそうだが、サラダに肉落とす事だってあるから、

サラダと肉を逆にするべきだろ」「お店の写真見たけど肉のトングでサラダつかんだら

簡単に食中毒なりそうだったね」などと、トングが食中毒の原因になったのでは

ないかとの指摘も多いどちらにしてもよく焼くことですね~~豚肉と鶏肉がメニュー

多いですから(原価が安い)値段もこの値段では良い素材とは思えないし

自分の店でカットしていないだろうし(一部自店で処理)

もしも生肉とサラダがもっと離れた場所に置かれて

いれば、食中毒も起きなかったかもしれない。

中学生の団体ですからあまり気がつかないだろう

店側が一番気を使わなければならない~~

あとは卸業者がどんな配送しているか?

これを読んだ方はお子さんにはよく気を使って下さいね

とんとん亭9

原価を考えてもやはり気を使わなければ??

sponsored link

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ