“菊池桃子”決意の離婚から!?再ブレーク!ママタレ!オファが止まらない!長女の障害!

 

菊池桃子06菊池桃子04

西川哲さんと離婚しシングルマザーとなった菊池桃子さん。

現在は母校の戸板女子短期大学の客員講師やNPO法人

「キャリア権推進ネットワーク」の理事に就任し、労働問題に

取り組んでいます。

その背景には、長女が持つ麻痺障害があったといいます。

 

sponsored link

何故かタレントの菊池桃子(46)が売れている。

2012年に離婚。

大学院にも進み、現在は母校の客員教授を務めるが、

今やテレビにラジオ、講演などに引っ張りだこ。

再ブレイクである。離婚は大正解だったか。

今年に入っても菊池桃子は連日のようにテレビに出っ放しだ。

1月4日『人生の楽園傑作集』(テレビ朝日系)、5日

『はじめてのおつかい 爆笑! 25年記念スペシャル』

(日本テレビ系)、7日『トコトン掘り下げ隊!

生き物にサンキュー!!』(TBS系=再放送)という具合。

さらには12日と19日の2週にわたり、

NHK総合『鶴瓶の家族に乾杯』に出演して、

笑福亭鶴瓶と香川県坂出市を訪れる。

菊池桃子さんの勉強もあり子供の事夫の事大変でしたでしょう

菊池桃子07
菊池桃子夫
本当にプロと名前のつく職業は稼いでいくらですからね

こんなご時世レッスンプロの収入なんてしれています

菊池桃子さんはタレントに縋らなく方向転換して社会の

ための仕事を懸命にやっているから各地からの講演依頼が

止まらないのだと思います~

菊池桃子01
菊池桃子の顔の変化(成長・メイク前後・美容整形手術前後・劣化)

1984年のデビュー頃(中学3年生~高校一年生で15~16歳)

sponsored link

菊池桃子02
18歳~20代前半
菊池桃子03
2010年(42歳)劣化したと言われていますが**

 

 

テレビだけではない、講演会の依頼も引きも切らない。

昨年12月だけでも、テレビやラジオの合間を縫って、千葉、

広島、静岡、岐阜と全国各地を駆け回っている。それにしても、

46歳の元アイドルがどうして売れに売れるのだろうか。

 

「菊池桃子と同年代の元アイドルタレントは現在、ママタレや

ママドルと呼ばれていますが、彼女のように大学院まで行って

学び直した人は見当たりません。彼女は所謂、普通のママタレ

たちとは一線を画します」とは上智大学の碓井広義教授(メディア論)。

 

「法政大学大学院で修士課程を修了した後、母校の戸板女子短大の

客員教授として、生涯学習についての講義を持つようになった彼女は

“生涯学習タレント”と呼ぶべきかもしれません。

このような分野で活躍するタレントは他にはいません」

 

 

ママタレ戦国時代の懐事情…“女王”菊池桃子

2月3日発売の「女性自身」(光文社)に、ギャラの

クラスで分けた「ママタレ&主婦タレ格付けリスト」が

掲載されたブログが普及したことにより、子育てを簡単に

公開できるようになった芸能人。誰でも手軽に「ママタレ」に

なることができ、結果、飽和状態になって価格破壊が

起こっているという。その中でも、格付けトップは菊池桃子(46)

離婚を経験し、自身もシェーグレン症候群でありながら長男と

障害ある長女を一人で育ててきた、その波瀾万丈な人生に世間の

興味も共感も高く、100万円払っても出演してほしい

ママタレクイーンらしいですね・・


なぜか46歳の再ブレイクで離婚して本当に大正解だった〈週刊新潮〉

 

もともと人気があり結婚も廻りであまり歓迎ムードではありましたので・・

 

 


菊池桃子 青春ラブレター

そんな桃子さんは、昨年から戸板女子短期大学の客員講師として
キャリア教育に関する講義をしており、4月にはNPO法人「キャリア権
推進ネットワーク」の理事にも就任しています。

 

菊池桃子、夫・西川哲の借金で自宅差し押さえの危機も…
菊池桃子さんなら頑張るでしょう子供のために~

娘さんが障がい者であるという告白は葛藤があったかと思いますが、

芸能人の娘である以上いずれは明らかになったと思いますし、

なんとなく噂になるよりは、はっきり公表したのは良かったのでは。

また、その結果生まれた疑問や不安を芸能人という利点を最大限に

活かし解決しようという前向きな姿勢は好感が持てました。

 

 

sponsored link

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ