喜多嶋舞の長男の実の親は謎!結婚当時は不倫の噂!!大沢樹生DNA判決!!

背景14
大沢樹生(44)と前妻の女優喜多嶋舞(41)との長男(16)

DNA関係で裁判での判決が出ました・・・

大沢樹生と息子さんとの血縁関係は無いとの判決です・・

sponsored link

 

では父親は誰??
何故結婚を??
離婚してから何故・・
DNA鑑定・・
育てた子供の今後は・・

 

長い交際の末、大沢樹生と喜多嶋舞は1996年に結婚。
その時、喜多嶋舞は妊娠3ヶ月だった。

 

結婚当時からの遊び人同士の結婚でしたので
デキ婚と騒がれていましたね・・

背景10

 

 

では父親は誰??

 

喜多嶋舞は結婚直前に不倫していたと言う噂がかなり
業界では出ていました・・・で・・その相手とは

複数いたんですね・・今回の裁判の判決で?過去の事とは言え
気になるお人は心の中はざわざわしているんでしょうね。

現在影で噂が囁かれておりますが、堂々と名前が出ている人の
リストがありますが、これも噂ですけれど各SNSで書き込みが

出ていると言う事はかなりのモテ女優だったんですね~~
ほとんどが共演者の名前が書き込まれていますね。

「香川照之さん」「奥田瑛二さん」「石田純一さん」
「西島秀俊」「美容師」「ミュージシャン」いやいや

それに旦那の大沢樹生さんマジですか?噂とは言え
俳優さんがぞろぞろ名前が出て来ています「本当は」?

 

何故結婚を??

 

 

大沢樹生が付き合っていた頃は石田純一とのスクープをされて
写真も撮られていますので多分そのころから結婚の意識をした!

大沢樹生は1989年から交際していたそれしか考えられませんね
ただ関係を持っていて、妊娠したと告白されたら??

やっぱり結婚ですよね~~

 

離婚してから何故・・

 

この辺が分かりませんね?流石に結婚してからのお二人の
生活感は分かりませんが?結婚生活中にかなりのトラブルが

あった事は間違い有りませんね・・怨恨がかなりあるのでは?
それなら自分達の問題ですよね~~ひょっとして大沢樹生さん

sponsored link

結婚前から疑っていたのでは?本当に他人様の家庭生活は
分かりませんから疑って毎日子供の顔を観ていたのかな??

でもですよ彼だってお腹の中にいた時に結婚しているんでしょう
自分がお産を立ち会ったんでしょうその時は?

人間ってそんなもんですかね??赤ん坊の時から育てて・・
離婚は別ですけれど(分かりませんね)

DNA鑑定・・

 

「公表する神経が全く分からない」 これは私だけでしょうか・・
「未成年の子供がいて公表する神経が全く分からない」「子供を守るべき」

親だった男の責任でしょう?血がつながっていなくても10年以上一緒に
いたら・・ちょっとね・・ましてや未成年ですよ、チョット情けないですね

ただこんな記事がありましたね~~

「実は、息子に(聴覚に)障害があることは妊娠発覚のすぐ後に
わかっていたんです。当時、担当医の方には『まだ若いんですから、
今回は……』と言われたこともありました。それでも、大沢さんは
「なんとか産んでくれ」と私に懇願していました。もしお腹の子が
別の人の子供だったら、産みますか?断言します。Aの父親は大沢さんです。
ですから、大沢さんが言っているようなことはありえないと、
あちらにもお話ししています。出典:http://www.imashun-navi.com

私は医療関係は全く分かりませんがそんな早くに障害が
分かるのですかね??その辺は分かりませんね・・

せいぜい早く分かるのは「男・女」だけは分かるけれど
障害までそんな早くに発見できるのかな~~

育てた子供の今後は・・

 

判決で血縁関係が無いと言われて親権が喜多嶋舞さんの方に
移ったにしても未成年の元子供を(パパと呼ばれていた)

どういう気持ちでいるのでしょうか・・
夫婦(元)とは子供は何でしょうか本当に二人の中のトラブルは

解りますけれど未成年の子供を公にDNAで裁判で(チョット情けない)
何か最近の世の中人間の感情が希薄になって来ていると言うニゥースで

よく言われていますがどちらも身勝手ですね・・
裁判は自分の為だけだったんですね?

人間(男義がないな)としか思えないですね・・どんな演技をしても
今後はどのような評価をされるのか?元奥さんも同じですよね~~

残った子供が生きていける環境を作って上げるのは誰が作って上げるのか?

今後の大沢樹生さんは公で話をしても信頼されるのでしょうか~~

子供は罪が無いのに親の勝手で自分の生き方が変わる・・

 ** 見守るしか出来ませんが頑張ってほしいですね **

 

sponsored link

関連記事はこちら

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ